新聞紙の上にあるホワイトのペンキ缶と筆

 他社との違い 

実際に行われている施工

提示されている価格の例を

挙げていきます。

一棟一棟個体差はありますが

参考程度になればと思います。

塗装ローラーで色々なカラーを塗る様子
ペンキで塗装したようなグラフィック画像

施工事例 / 屋根・外壁塗装工事 約30坪宅

グレーの背景

リフォーム業者 A

仮設足場  ➡ 330,000円

屋根塗装  ➡ 208,000円

外壁塗装  ➡ 584,500円

シーリング ➡ 207,000円

合計    ➡ 1,329,500円

リフォーム業者A

価格が一番高い理由として仲介業者一社、二社といる可能性が高いです。

 

また、〇〇年保証がつく事や、リフォーム業者ブランドの価値がつく事で、価格が自然と上がります。

グレーの背景

リフォーム業者 B

仮設足場  ➡ 242,000円

屋根塗装  ➡ 104,000円

外壁塗装  ➡ 501,000円

シーリング ➡ 172,500円

合計    ➡ 1,019,500円

リフォーム業者B

こちらも安い金額ではありませんが、さほど高くもありません。

 

こちらの例では価格が高くない分職人さんに降りてくる金額が低いのです。

職人さんに降りてくるまでに仲介業者が三社もいるところもあります。

そのような事があると、手抜き工事の原因になることも‥・。

ブルーの背景

ナルセ塗装

仮設足場  ➡ 176,000円

屋根塗装  ➡ 130,000円

外壁塗装  ➡ 417,500円

シーリング ➡ 126,500円

合計    ➡ 850,000円

​こんなに価格の差が出ます。

ナルセ塗装のように仲介業者がいない、
自社施工の所でしたら、安心です。
 

そうではない場合は、ご注意ください。